2013年09月21日

tarコマンドおさらい

tarコマンドの使い方の復習。
*.tar.gzや*.tar.bz2などを展開する方法の備忘録。

$ tar xvf 圧縮ファイル名
展開(解凍)するだけなら、このコマンドを覚えておけばよい。
使用例1: $ tar xvf abc.tar.gz
使用例2: $ tar xvf abc.tar.bz2

利用できるオプションの一覧表示は:
$ tar --usage

オプション詳細と若干の説明の表示は:
$ tar --help

tarファイルの展開。
$ tar -axvf 圧縮ファイル名
上記のオプションの意味は:
-a → 接尾辞(拡張子)から、圧縮プログラムを決定する。例:abc.tar.bz2ならbzip2を使う。
-x → tarファイルを展開する。
-v → verbose、詳しく表示する。
-f 圧縮ファイル名 → ファイルの指定。
使用例: $ tar -axvf abc.tar.bz2
※展開の場合は-aを省略できる。

-aを使わず、圧縮プログラムを明示的に指定する場合。
.gzの場合: $ tar -zxvf 圧縮ファイル名
.bz2の場合: $ tar -jxvf 圧縮ファイル名

tarファイルの作成。
$ tar -acvf 圧縮ファイル名 [ファイル名1] [ ファイル名2] [ ファイル名3...]
-c → tarファイルを作成する。
使用例: $ tar -acvf abc.tar.bz2 a.txt b.txt c.txt
※作成の場合-aを省略すると、接尾辞から圧縮プログラムが決定されず、非圧縮のtarファイルになる。

展開の場合は-aを省略できる。
ショートネームのオプションの最初のハイフンは省略できる。
よって展開は、
$ tar xvf 圧縮ファイル名
という字面を覚えておけばよい。
タグ:tar Linux bz2
posted by 齋藤聡 at 08:32 | Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。